読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬にて穴馬は無理狙いするもの

JRA中央競馬のG1等重賞レースの過去データ・傾向などを用いて予想や狙い目を発信できればと思います。

【函館記念2016】マイネルミラノが作る展開から馬券を考察する

ダービー以来の久しぶりの更新となります。

 

実は胆のう炎という病気で1ヶ月ほどの短期放牧に出ていました笑。

胆のうに石が見つかり激痛(疝痛と言われる競走馬もなる発作的な痛み)が

走るため、胆のうを摘出しました。私、内臓が人より少ない人間です。

 

そんなことは置いといて、函館記念の予想を書いていきたいと思います。

 

予想を始めるにあたってやはり気になるのは前走巴賞組の弱さです。

巴賞組で好走した馬が馬券にならない理由を紐解くことから始めます。

 

以下が過去5年の函館記念と巴賞のペースです。

 

f:id:anaumamurinerai:20160717015251p:plain

 表からは2013/2016を除き巴賞が平均ペースやスローペース、函館記念は打って変わってハイペースの構図となり、レースのペースや展開が大きく変わってくることが大きく影響していそう。

 

また、ハイペースの巴賞2013を勝ったエアソミュールがハイペースの函館記念2015を負けたということは枠不利もやはり存在しそうです。

 

 

ここで予想の基準ともなるべきテーマ

 

「なぜマイネルミラノは巴賞を平均ペースで逃げ、函館記念ではハイペースで逃げたのか」

 

 

先日のエプソムカップ新潟記念の好走や福島記念などの凡走からもスロー逃げが得意であることは陣営なども把握していると思いますが、それでも速い逃げを打った理由は、私が想像するに、スローの2000mにおいて4でまくられることを嫌ったと考えています。

1ハロンの延長と直線の競りはやはり不利と考え、相手の足を鈍らせる戦い方を

選択したと考えます。

 

以上のように仮定した場合、今年もやはりマイネルミラノが速い逃げを打つ可能性が

高いと考えられます。

 

以上の展開と決めつけし、またマイネルミラノが早々に沈むことを前提としているため、脚質のテーマとして上がり4ハロンが早い(ロングスパート)イメージの馬を買う馬券を考えていきます。

 

 

レッドレイヴン

昨年は枠が遠く、3角あたりからのスパートをかけるも、ミルコ鞍上のエアソミュール

外に膨らみ直線では何度も不利を受けていました。スムーズなら着順をあげていたかも。また巴賞組を嫌う風潮があるので逆に買います。注目血統ロベルト内包。

 

1800mを逃げたマイネルミラノが距離延長で逃げるのと

1800mを追いかけて横付けし、突き放した馬が1ハロン延長するのは価値が違うと

私は考えます。

 

また巴賞勝ちの凡走は斤量増を原因とすることが多いようですが、本馬は据え置き。

 

 

マイネルフロスト

2016福島民報杯ゴールドシップのような向う正面まくりを打って大敗。

小倉大賞典もディープ産駒が走るようなレースだったので合わなかった。度返し。

 

2015福島民報杯はハイペースを4番手追走し小マクリで優勝。

スタミナ・パワー系の父に母父がロベルト系(グラスワンダー)のスパートしそうな血統。

 

マイネルミラノも目無しならラビットをやってほしいと考えちゃうのが私のような

ひねた人間が考えること笑。

 

 

トーセンレーヴ

"ほぼ"G3のディセンバーS59kgで出走し優勝。こちらも3角過ぎからのスパートで優勝し、連闘で有馬記念6着。久々であり、物差しレースの巴賞を使っていないにも関わらずトップハンデは力量上位であることを表しています。枠も良いため買います。

 

 

⭐︎マテンロウボス

巴賞にて大外を回して0.3差の2着。レッドレイヴンを重く考えているため、負けて斤量減のこの馬を。血統的にも抜群のキンカメ産駒。

 

1.3.6.9.13を除くすべての馬

 

バイガエシはスロー専用機。速いペースだと足が上がる可能性が高く、まだ1600万の馬。

相性が良さそうなジャンポケ産駒も実は2000mだと微妙。おまけに人気。

買い要素に乏しいため消し。

 

買い方は、

 

馬連

◎○▲⭐︎ ボックス

 

【三連複】

フォーメーション

◎○▲⭐︎  ◎○▲⭐︎  ◎○▲⭐︎△

 

または、

 

◎  ○▲⭐︎  ○▲⭐︎△

パドックを見て上記のどちらかで三連複を買います。

 

◎○▲⭐︎のワイドボックスも考えてみます。

 

以上です。