読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬にて穴馬は無理狙いするもの

JRA中央競馬のG1等重賞レースの過去データ・傾向などを用いて予想や狙い目を発信できればと思います。

【双馬式】有名予想家の理論を試してみた【双馬の方式】

タイトルの通り、競馬雑誌などで見る有名予想家の予想理論を試してみました。

先に断っておきますがご本人の差し金などではありません。ただのファンです笑

 

今回、試したのは著書「双馬の方式」などを執筆している

双馬毅さんの「夏のダート1700mで前走1800m以上の距離短縮馬を狙う」理論です。

(雑誌「競馬最強の法則8月号」に掲載された理論です)

 

双馬毅さんのプロフィールとブログURLを載せておきます。

 

プロフィール

1981年、岩手県出身。

競馬最強の法則07年9月号の「××馬で未勝利戦を金にする男」でデビュー。

当時は看板張替え業のアルバイトで食いつないでいたが。08年春から馬券生活をスタート。08年3月23日中山3Rの馬連34万8880円(当時歴代6位)を11番人気の1着馬から流し的中。同年の桜花賞では馬連19万6630円を的中し(レジネッタ流し)、「100円玉の錬金術師」のニックネームも。

その理論をまとめた 

「5万円を1906万円にした双馬式」(最新刊)と 

「双馬の方式」がKKベストセラーズより発売中。

 

Blog:

ameblo.jp

 

7/16~7/17の二日間に行われた福島・函館21700mの回収率から載せます。

たった二日かよと言わず、まずはご覧ください。

 

f:id:anaumamurinerai:20160719124243p:plain

 

何といっても、7/17の函館10Rと思います。

1着はベイスターズ三浦大輔投手の馬リーゼントロックが4番人気1着。

阪神や京都の1800m戦で先行し最後指されていましたが、レーシングビュアーで見る限り、1700m地点では勝ち負けじゃないの?といった感じでしたので

 

2着は1番人気のサトノ馬。この馬昇級戦だったので相手評価でしたが、走りました。

 

3着、こちら前走は函館1700m11番人気5着していました。双馬式ですと距離短縮ですでに出走した馬は評価を下げる理論(短縮で成功人気集める、ためと思われる)なのですが、

本場は前走馬番6番であったのが、今回は馬番1番でさらに人気は据え置きの10番人気だったことから▲評価。

 

ちなみに○は前々走新潟で先行して3着の3番ワイルドコットン。(前走すでに函館1700mを使っていたが6番人気だっため対抗に)

 

◎○▲  ◎○▲  ◎○▲△ の3連複フォーメーションでキャッチしました。

 

サトノ馬がとんだ場合、4着が7番人気の理論該当馬だったため3連複10万馬券でした。

実に惜しい。

 

簡単にまとめますが、少し理論通りではない実践であったことや、個人それぞれで馬券の買い方が違うので微妙と思う方もいらっしゃるかもしれませんが”走る穴馬の探し方”としては

かなり優秀な理論だと思いました。

 

ちなみに個人的な感想ですが、距離短縮でも差し馬やマクリ馬よりも、1800mで先行して

差された馬の方が馬券になりやすいと思います。

 

次は小倉芝1200mを坂路調教ラスト1ハロン最速馬を狙う理論を試してみようかなと思います。単勝で。

 

以上です。